ブライダル印刷のパイオニア 青雲堂
トップページ
婚礼印刷物の歴史
商品紹介
招待状システム
リンク
お問い合せ
会社概要
スリフト
 
大阪書院
 
婚礼印刷物の歴史
もともと、日本の結婚式は自宅で身内、近隣の人々によって執り行われており、稀に神社や料亭で行われたりもしましたが、印刷物の需要は全くありませんでした。
ところが大正時代に入り、東京の帝国ホテルが多くの招待客を収容し広い会場にテーブルセッティングし料理を供すという、現在の披露宴のスタイルを確立させました。瞬く間に全国に波及し大阪では新大阪ホテル(現リーガロイヤルホテル)が最初に取り入れたとされております。
ここで初めて多くの招待客に送る案内状や披露宴の献立表や配席表等の婚礼印刷物が誕生し、その時代、時代の背景を写しながら発展し、今日の婚礼にはかかせないものとなりました。

Copyright (C) 2000
SEIUNDO Inc.,
All Rights Reserve.
トップ | 婚礼印刷物の歴史 | 商品紹介 | 招待状システム | リンク | お問い合せ | 会社概要